左へ 右へ

カムライフノジリの取り組み

どんな車でも必ず甦らせる

top_img01昭和初期から、自動車関連の修理を行って参りました。現社長が、1967年に前身である「野尻自動車鈑金工場」を立ち上げる。1989年(平成元年)に、「有限会社カムライフノジリ」となり、現在に至っております。

「カムライフ」とは、「どんな車でも必ず甦らせる」という強い想いから、「COME TO LIFE」(生命を取り戻す)という願いを、会社名に取り入れています。

経営理念


お客様に感動を与えるサービス

誠実な経営により、顧客と地域社会から信頼される企業

社員の夢と生きがいの追求

 

 

当社のサービス一覧

鈑金

140212_comelifenojiri_043ボディなどに使用されている高張力鋼鈑を、技術・知識・経験を活かし、金槌による鈑金にこだわりパテの使用を減らしています。曲ったフレームもフレーム修正機により、寸法図通りに修正します。

パネルとパネルを接合するための「スポット溶接」では、最新のスポット溶接機を導入し、品質向上を行っております。

【詳細はこちら】

塗装

140212_comelifenojiri_016塗料は数十種類の着色顔料と金属やガラスなどの光輝顔料の組み合わせにより調色し、ボディ色は、正面・45度・透かしで違って見えるため、調色はこれまでの経験はもちろん、調色のセンスが問われます。

【詳細はこちら】

 

 

磨き

140212_comelifenojiri_063

ミガキは、宝石を磨き上げるがごとく何度もポリッシャーと数種類のコンパウンドを使い分け、1μmレベルの塗膜肌までこだわっていきます。

通常の磨き作業より更に上の工程(コーティングレベルの磨き)までこだわり行っています。

【詳細はこちら】

 

 

整備・点検

140212_comelifenojiri_103整備士免許を取得したスタッフが作業致します。

国産車・外車のどちらでも整備に対応致します。<外車をいやがる業者も多いです・・・>

開業以来の実績で、ディーラーとも密接に連携がとれているため、購入・修理後のアフターケアもお任せください。

【詳細はこちら】

2018年11月1日

プリウスα

側面にイタズラ傷で入庫した、プリウスα

DSC_3521

DSC_3522

DSC_3523

前から後ろまでの線傷です!

酷いですね(._.)

DSC_3540

DSC_3541

DSC_3544

しっかりと下地をつくります!

DSC_3545

DSC_3546

DSC_3547 色合わせ、マスキング、塗装で塗り終わりました!

歪みもでず、綺麗に仕上がりました!

完成写真忘れちゃいましたが、磨いて組み付けで完成です!