左へ 右へ

カムライフノジリの取り組み

どんな車でも必ず甦らせる

top_img01昭和初期から、自動車関連の修理を行って参りました。現会長が、1967年に前身である「野尻自動車鈑金工場」を立ち上げる。1989年(平成元年)に、「有限会社カムライフノジリ」となり、現在に至っております。

「カムライフ」とは、「どんな車でも必ず甦らせる」という強い想いから、「COME TO LIFE」(生命を取り戻す)という願いを、会社名に取り入れています。

経営理念


お客様に感動を与えるサービス

誠実な経営により、顧客と地域社会から信頼される企業

社員の夢と生きがいの追求

新型コロナウイルス感染防止対策実施中

当社では、入店時にアルコール消毒などの感染防止対策を行なっております。安心してご来店ください。

当社のサービス一覧

鈑金

140212_comelifenojiri_043ボディなどに使用されている高張力鋼鈑を、技術・知識・経験を活かし、金槌による鈑金にこだわりパテの使用を減らしています。曲ったフレームもフレーム修正機により、寸法図通りに修正します。

パネルとパネルを接合するための「スポット溶接」では、最新のスポット溶接機を導入し、品質向上を行っております。

【詳細はこちら】

塗装

140212_comelifenojiri_016塗料は数十種類の着色顔料と金属やガラスなどの光輝顔料の組み合わせにより調色し、ボディ色は、正面・45度・透かしで違って見えるため、調色はこれまでの経験はもちろん、調色のセンスが問われます。

【詳細はこちら】
 

磨き

140212_comelifenojiri_063

ミガキは、宝石を磨き上げるがごとく何度もポリッシャーと数種類のコンパウンドを使い分け、1μmレベルの塗膜肌までこだわっていきます。

通常の磨き作業より更に上の工程(コーティングレベルの磨き)までこだわり行っています。

【詳細はこちら】

 

整備・点検

140212_comelifenojiri_103整備士免許を取得したスタッフが作業致します。

国産車・外車のどちらでも整備に対応致します。<外車をいやがる業者も多いです・・・>

開業以来の実績で、ディーラーとも密接に連携がとれているため、購入・修理後のアフターケアもお任せください。

【詳細はこちら】

2022年6月28日

作業報告です!

今季の梅雨明け早すぎですね!

全く梅雨らしい感じが無かったです。

一気に気温が上がり工場内、塗装ブース内ととても暑いですが、水分補給しっかりして、がんばります✌️

皆さんも水分補給、エアコンなどで体調管理整えて下さいね☺️

さてさて、本日は整備の方を!

パッカー車(ゴミ収集車)のオートマ載せ替えです。

DSC_3133 DSC_3134

滑ってしまい走って行かないと云うことで、リビルトパーツで載せ替えです。

DSC_3135 DSC_3145 DSC_3146 DSC_3147 DSC_3148

重たい作業は2人、3人で。

必要なパーツを組み換え問題なく載せ替え完了です。

車重がめちゃくちゃ重たいため普通車のようなスムーズな走りは感じられませんが、しっかり変速もしていて滑りも改善です!